日本人のためのパートナーシップ教室

パートナーシップ専門コーチ小川幸子のブログです

繋がりを学ぼう

こんにちは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

お盆休みですね。

皆さんはどんな風に過ごしていますか?

 

 

私たち夫婦は帰省のタイミングで、

伊勢神宮熱田神宮にお参りに行ってきました。

facebookInstagramにて他の写真も出しています^^

https://www.facebook.com/sachiko.ogawawa.50/posts/10214738333190875

 

 

8月のこの時期はそれぞれに、

帰省先で家族と一緒に時間を過ごしたり、

お墓参りに行ったり、

また広島・長崎の原爆投下や

戦争に関する様々な情報を通して、

日常生活の中ではあまり気に留めなかった

『家族の繋がり』や『命の繋がり』を

感じる機会もあるかもしれません。

 

 

冷静に考えれば、

私たちが今ここに居るのは、

必ず誰かと繋がっているからですよね。

 

 

でも、

その繋がりを実感として感じられなかったり、

どこに居ても誰と居ても孤独な感じがしたり、

自分だけ集団に入れずに疎外感を感じたり、

恋愛や結婚生活においても、

相手から連絡がこないとすごく不安になったり、

いつも傍で一緒に生活していても寂しかったり、

自分の理想通りでない相手から離れたくなったり等

そんな体験をしたことはありませんか?

 

 

私たちはそういう時に、

何かが無いから自分は満たされないのだと

思いがちですが、

仮にお金やモノを溢れるほど持っている人でも、

ファンが10万人いる有名人でも、

その人自身に繋がっている実感がなかったら、

どこまでいっても孤独がつきまとっているし、

 

 

たった1人でも

「私はこの人と確かに繋がっている」

と実感できていたら、

その人はどんな場面でも1人じゃなくなります。

 

 

繋がりを感じていないという感覚は、

「私は今までずっと1人で生きてきた」

という感覚に似ています。

 

 

そんなことは絶対に無いのに、

誰のお世話にもならずに育ったわけはないのに、

なぜかしてもらったことや与えられたものを

全く受け取っていないし、

もちろんそこには感謝もありません。

 

 

自分がしてもらったことや与えられたものを

受け取って感謝する力の無い人が、

パートナーに対して、

「私をしあわせにしてほしい」・・・

 

 

どうやったらできるんでしょうか?

 

 

どんなにパーフェクトな人が相手でも不可能です。

 

 

では、

『繋がりや感謝を感じて生きるには?』

そんなことを定期的に同じメンバーで

体験を通して学んでいく場として、

7月から新しいグループトレーニングが始動しました。

 

 

これは、既にパートナーがいる方もそうでない方も、

目の前のたった1人の相手と、

起きる出来事の良し悪しに関係なく、

共にしあわせに満たされ合う結婚生活を送るために

とても重要なテーマです。

 

 

第1回目と第2回目の集合クラスを無事終えて、

現在はメンバー限定のグループチャットを通して

それぞれがお互いの気付きや体験をシェアし合ったり、

個別のSkypeセッションを通して学びを深めています。

 

 

初開催にも関わらず、

本当に前向きで真摯な姿勢の

メンバーが集まってくれたこと、

そして、

2日間の集合クラスを始め、

その後も必要な展開が起きていく様子を見守りながら、

ただただ私1人以上の大きな力のサポートに

感謝と敬服を感じる日々です。

 

 

今日はこの新しい

まんまる婚実践グループトレーニングに、

愛知県から泊りがけで参加されている

40代女性クライアントSさんの気付きを

こちらでもご紹介いたします。

 

 

  ↓      ↓      ↓

 

========================

 

私は病院で相談の仕事に携わっているのですが、

今は単身独居身寄りなしの方が多くなりました。

 

 

身寄りがあっても何十年も疎遠、

だけど退院後、

別の病院や施設に入るにも保証人が必要となる、

その際にそのご家族に代理でお電話し

保証人を担えないか伺っています。

 

 

するとご家族からは、

 

 

 『自分勝手に生きてきた、

  どんだけ迷惑かけられたか、

  関わりたくない』

 

 

等、心痛む言葉が飛んできます。

 

 

繋がりを絶たれた世代、

誰かに縛られたくない

自由に生きたい、

個人の権利主張をする方。

 

 

人生の転換期に立ち会い、

家族の歴史をまざまざと

見せつけられるシーンに立ち会う自分。

 

 

私も繋がりを感じることができなかったから

目の前にこういった事が

繰り広げられる現実なのかもしれないけど、

一方でそういった仕事だからこそ

私は繋がりを学ぶことに導かれたのかもと感じています。

 

 

そして相談者の中にあるものが、

自分の中にもある、

鏡、

それを最近痛感する日々です。

ありがとうございます。』

 

========================

 

 

貴重な体験と気付きのシェア、

ありがとうございます。

 

 

私自身は今現在、

家族との繋がりを感じて生きることが

どれだけ楽で心地良いか、

パートナーとの関係性や仕事においても

今の方が比べ物にならないほどしあわせなことを

(起きる出来事に関係なく)実感しているので、

Sさんのシェアにあったご家族のように、

「今までどれだけ迷惑をかけられたか、

 関わりたくない」と、

頑なに繋がりを拒絶してきた頃の感覚が

どんどん遠くなってきています。

 

 

かつては同じように思っていたはずなのに、

(あの頃、一体どんな思考回路で、

 そんな風に思い込んでいたんだっけ?)

というくらい当時の自分の感覚を

思い出せなくなりました。

 

 

クライアントさん達が例えば、

「あんなに不幸な人達との繋がりを感じたら

 自分まで不幸になってしまう気がする」

という風に伝えてくれる時に、

「あぁ、昔の私もそう思っていたな」

とやっと思い出す感じです。

 

 

その過程においては、

お金も時間もエネルギーも費やして

それは膨大な学びと体験を経てきました。

 

 

中でももっとも効果的だったものを、

まんまる婚実践グループトレーニングや

個人セッションでご縁が繋がった方々と共有していますが、

 

それらはどれも、

『事実をあるがまま事実と認める』

『誰かの代わりではなく自分の人生を生きる』

ということを容易にしていくものです。

 

 

家族に「迷惑をかけられた」のは

事実では無くてその人の解釈です。

 

 

そして、

そう解釈する人たちの共通点は、

自分自身の方が相手のゴミ箱にされるようなポジションに

不法侵入している事実にまるで無自覚だということです。

 

 

※職場の上司からパワハラを受けやすいという方にも

 同じ傾向が見受けられます。

 

 

家族関係が心地よく感じられるものになるためには、

そこにある秩序が保たれていることが大前提にあります。

 

==========================

 

《秩序(ちつじょ)》とは、

 

その社会・集団などが、

望ましい状態を保つための順序やきまり。

 

~goo辞書より~

 

==========================

 

家族も1つの集団であり社会です。

 

 

全員が調和を感じるルールがそこにあるのに

それを無視して「迷惑だ」と言うのは、

他の人たちがその人に感じていることに他なりません。

 

 

☆「よく分からない」「納得できない」という方ほど
  是非学びに来てください。

  ・家族関係
  ・職場の人間関係
  ・パートナーとの関係

  それぞれに調和の原則があります。

  まず家族間の秩序崩壊を整えることで、
  職場やパートナーとの関係性にも
  時間の経過と共に相乗効果が現れます。

  年内の1dayワークショップは
  9/29(土)、11/17(土)、12/15(土)です。
  
申込受付はメルマガ先行でお知らせします。

→イベント一覧はこちら
 http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/360/YTBhMTMyOTRmMjgyNjZmNzE2Z/NzE4ZDJiMTMxZWIzMGIxNmE5M

 

 

 

〜イベント先行案内・最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

(初めての方はオリエンテーションをお選びください)

『理解』と『感謝』が深まるパートナーシップを学びたい男女募集!

 

 

こんばんは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

連日、猛暑が続いていますね。

皆さまはお変わりありませんか?

 

 

私は今日、

HPのトップ画像用の撮影をしてきました。

 

 

テーブルの上の

さりげない(?)まんまるグリーンが、

完成時にどうなっているか・・・

是非楽しみにしていてください^^

 

 

 

さて。

 

 

いよいよ明後日から、

新しいグループトレーニングがスタートします。

 

 

ここしばらくはグループの準備に集中していて、

発信したいことが山ほどありながらも、

「まずはこの週末を終えてから・・・」

と温めていました。

 

 

ですが、ここ連日、

そして今日もクライアントの皆様から、

 

 

 

「ワークショップや個人セッション後、

 明らかに自分の感じ方が健やかになってきた」

 

「パートナーとの出会いがあった」

 

「お付き合いがスタートした」

 

「今まで望んだことを全部受け取っています」

 

「些細なことで感動して涙が出るようになった」」

 

 

といった喜びのご報告をいただき、

これはもしまだ必要としている方々がいるのに、

私の発信が少な過ぎて届いていなかったら

本当にもったいないと思い立ち、

今このブログを書いています。

 

 

特に、

この1ヶ月間は、

今まで大半を占めていた

女性のクライアントさん達だけでなく、

男性のクライアントさん達も、

私のパートナーシップセッションや

ファミリー・コンステレーションの個人セッションを

受けられました。

 

 

女性の皆さんにとっては、

男性も同じように悩んでいることが

理解できるのではないかと思い、

 

 

今日は30代後半男性クライアントSさんが、

ご自身のSNSに投稿してくださった

セッションのご感想を紹介いたします。

 

 

 ↓     ↓     ↓

 

 

=======================

 

今日はコーチングのセッションを受けた。

 

 

そこでわかった事は、

俺は両親が大好きだということだった。

 

 

で、

 

 

その愛情表現、

恩の返し方が間違っていたってことだった。

 

 

深層心理にアクセスして、

目の前にいない家族を思い浮かべながら、

言葉を発する。

 

 

「私が言ったことを繰り返してください」

 

 

そう、

同じ事を口に出すだけなのに、

全く声が出ない。

 

 

胸が詰まる。

 

 

視界がボヤける。

 

 

涙が溢れる。

 

 

感情が大きく揺さぶられる感覚。

 

 

それはつまり、

普段は見ないようにしていた

本当の想い。

 

 

大好きな人を護りたいが故に、

余計な気を遣い、

勝手な決め付けで方向がズレた努力をしてしまう。

 

 

でも、

それはその人達のことが

心の底から大好きだからしていたこと。

 

 

これからは余計な気を遣わず、

レッテルを貼らず、

静かに温かく見守るだけで良いのかもしれない。

 

 

必要とされた時に、

必要な分だけ力を貸すだけでいいんだろう。

 

 

それに気付けた俺は、

また少しだけ前に進めそうだ。

 

 

すべては一本の糸で繋がっているのだ。

因果の糸で。

 

=======================

 

 

貴重な体験のシェア、

ありがとうございます。

 

 

Sさんは、

 

お付き合いする女性達がことごとく、

『異性を信頼せずに最初から諦めている』

というタイプで、

最近になって「相手は自分の鏡なのでは?」

ということに気付き、

今回のセッション受講に至ったそうです。

 

 

また、

新しく女性と出会った時に、

「自分の代わりは他にいくらでもいて、

 自分じゃなくていい感覚がある」

と伝えてくれたSさん。

 

 

セッション翌日には、

そのことについても

繋がった部分があったという

ご報告をいただきました。

 

 

 ↓    ↓    ↓

 

 

=======================

 

昨日のセッションの中で

”自分の代わりはいくらでもいて、

自分じゃなくていい感覚がある”と御伝えしました。

 

 

昨日はそこに触れることはありませんでしたが、

意図が繋がった気がしたんです。

 

 

自分に尋ねました。

『お前は母さんの役に立ちたかったんだな?』

やはり、感情が揺れて涙が出ました。

 

 

続いて、

『それができない代わりに誰かの役に立ちたいのか?』

と尋ねてみました。

 

 

胸に違和感を感じることはありませんでした。

 

 

俺の人付き合いのベースは、

やはり、母親の役に立ちたいが、

それが叶わないために他者の役に立つことで穴埋めする、

ということのようです。

 

 

初対面でぎこちなくなるのは、

嫌われたくないというよりも、

どうすれば自分が相手の役に立てるのかがわからないため。

 

 

自立した大人の女性がいいと口では言いながら、

実際には真逆の危なっかしい女性を選ぶのも、

自分が付け入る隙が分かるから。

手っ取り早く胸の中のスポンジに水を与えられるから。

 

 

自分が初対面に弱いというか、

頭が真っ白になる理由がわかった気がしました。

 

=========================

 

Sさんだけでなく私たちは誰でも、

本来親から受け取るはずのエネルギーを

受け取れない立ち位置に居る時、

空っぽの自分を他人で埋めたい衝動に駆られます。

 

 

すると、

妙に『良い人』だけをやろうとします。

 

 

自分の言いたいことが言えない、

言ったら傷付けるかもしれないと我慢する、

全部を1人で抱え込んでどうにかしようとする・・・

 

 

本人の中では、

それが相手の役に立って喜ばれ、

空っぽの自分を満たせるはずと勘違いしていますが、

実質それは相手の役に立たない関わりで、

自己犠牲しながら感謝されないお世話をし続けて

しまいには被害者意識の塊になる・・・

という共依存パターンを繰り返します。

 

 

このパターンを卒業するには、

自分の人生の居場所に戻って、

親からのエネルギーを始めとした

既に自分に与えられているものを

しっかり受け取り、感じ、

自分の内側を充実させて生きていくことです。

 

 

まずはこれらの見えない仕組みや

法則を知るというだけでも、

『なぜいつも自分はこうなってしまうのか?』

といった不可解な癖の因果関係が理解でき、

目の前の道筋が開けるキッカケになります。

 

 

Sさんが体験を通して実感されたような

パートナーシップと家族関係の仕組みを

学びたい方は1dayワークショップへ、

 

 

そこから更に、

自分の内側を充実させる実践プログラムを

スタートされる方はグループトレーニングへ、

是非ご参加ください。

 

 

〜それぞれ1名のみ空きができました〜

 

☆内側からの自信に満ち溢れる人生を
【まんまる婚実践グループトレーニング】

〜運命のパートナーとしあわせな結婚生活を
    送りたい方のための実践プログラム〜

https://www.reservestock.jp/events/264769

 

 

〜まずは1日集中で仕組みを学びたい方へ〜

【ファミリー・コンステレーション
  1dayワークショップ(7/21)】
〜なぜパートナーや家族から
 本当に望むものを受け取れないのか?〜

https://www.reservestock.jp/events/271917

 

 

また、

グループトレーニングに参加したいけれど、

「どうしても日程が合わない」

という声をいくつかいただき、

こちらで検討した結果、

新規に継続個人セッションをスタートされる方には、

途中で希望と必要に応じてグループトレーニングに

単発参加可能とすることにいたしました。

(グループに参加する際、別途参加費が発生します)

 

 

関心のある方、

分からないことのある方は、

是非、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

〜イベント先行案内・最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

(初めての方はオリエンテーションをお選びください)

 

計画通りにことが運ばない時にこそ。

 

 

こんばんは、

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

〜残席3名となりました〜

☆内側からの自信に満ち溢れる人生を
【まんまる婚実践グループトレーニング】
〜運命のパートナーとしあわせな結婚生活を
    送りたい方のための実践プログラム〜
http://www.reservestock.jp/events/264769/YTBhMTMyOTRmMjgyNjZmNzE2Z/MzdmNThhMWZhYmI5MzNiZDkyM

 

 

 

今日の画像は今現在、

私が『撮影ブランディング』というサービスを受けている

パーソナルスタイリストの是藤華恵さんとのツーショットです。

 

 

ご覧の通り、

とても美しい華恵さんは元CAで、

現在は経営者の内側と外側のブランディング

というお仕事をされています。

 

 

私は夫繋がりでご縁をいただき、

先日、

新しいHPのトップページ撮影について

相談をさせていただきました。

 

 

お会いしてお話するのは、

今回が初めてでしたが、

さすが内面美を大切にされている華恵さん、

一度で的確に私の伝えたいことを

キャッチしてくださって、

ご自身のSNSにて、

こんなに素敵な紹介までしていただきました。

 

    ↓    ↓    ↓

 

「無いものをよそに求めるのではなく、⠀

 今あるものを認め、幸せを感じ、

 パートナーと深く繋がれるようになるコーチを

 なさってる瞳がキラキラしてるとても素敵な方💗


 この恵まれてる世の中で、

 人ってどうしても現状に満足出来ないと

 よそに求めがち。⠀


 あっちになら、あるかも~🎵と。⠀


 でも、本当は大事なものが

 一番近くにあるのに

 自分が深めようとしてなかったりして。⠀

 なんて事、多々ある気がします。

 (離婚を否定してる訳ではありません)⠀


 本当は仲良く繋がり愛されたい💗
 なんて気持ちもあったりもしてね。⠀


 そんな時、助けになってくれるのが幸子さん💗

 10年以上のお仕事経験から親身に聞いて下さります✨⠀」

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1545440652234410&set=a.129239173854572.21180.100003054711929&type=3&theater

 

 

 

 

ありがとうございます。

私の周りには夫はもちろん、

日頃お世話になっている皆様や

長いお付き合いのクライアントの皆様等、

私の仕事の本質をしっかりキャッチしてくれて、

重要性を感じてくださる方が多くて

そのことが本当に嬉しくてありがたいです。

 

 

ここ数日も、

素敵なご報告をたくさんいただき、

私の紹介が追いつかない状況ですが、

皆さんに共通しているのが、

 

 

「今までの自分が描いていた計画通りに

 ことが運ばなかった時の方がむしろ

 本当に得たかったものを

 自然体で受け取ることができた」

 

 

という体験です。

 

 

私たちは頭の中では、

認めてほしい、

褒めてほしい、

よくやったと言われたい

期待を引き受けられた自分、

上手くできた自分こそ素晴らしいと考えていて、

それらを受け取れるはずだと思う計画を

頭の中で立てて、

そこに沿った行動をしがちです。

 

 

でもそのやり方で、

よくやったとか

すごいねとか

あなたのおかげと言われ続けると、

無意識の内に次はもっとすごいことをしないと

自己価値を感じられなくなったり、

自分1人で頑張り続けることを

やめられないだけでなく、

上手くできればできるほどに

『自分は優れていて特別』

という立ち位置から降りられなくなります。

 

 

その立ち位置に付き物である

『優れた自分に相応しいモノしか欲しくない』

という無意識の選り好み意識こそが

何を得ても埋まることなく、

終わりの無い欠乏感の正体であり、

 

 

本当は欲しいモノやしあわせが既に満ち溢れているのに

感じることができずに周りのせいにして、

目の前の大切なパートナーとの関係性が

崩壊する大きな要因であること、

 

 

そのことに気付く機会を

この人生で得られた方は、

仮にキッカケがどんなに辛いことであったとしても

長い目で見て超幸運だということを

是非知っていてください。

 

 

『自分の理想、自分の理想』と、

どんなに 口先で言い続けていても、

肝心の本人自身が、

自分の人生に着地していなくて、

そこにあるものを感じる力が無かったら、

いくら欲しいものを受け取っていても

周りから羨ましがられる環境にいても

何一つしあわせを感じることができないのだから。

 

 

〜自分の人生に着地して”感じる力”を取り戻す方はコチラへ〜

☆残席3名
【まんまる婚実践グループトレーニング】
〜運命のパートナーとしあわせな結婚生活を
    送りたい方のための実践プログラム〜

https://www.reservestock.jp/events/264769



 

 

 

人間関係で繰り返す癖の仕組みが分かります〜

☆残席2名
【ファミリー・コンステレーション
  1dayワークショップ(7/21)】
〜なぜパートナーや家族から
 本当に望むものを受け取れないのか?〜

https://www.reservestock.jp/events/271917

 

 

 

〜イベント先行案内・最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

(初めての方はオリエンテーションをお選びください)