妻となり母となる女性のためのパートナーシップ教室

パートナーシップ専門コーチ小川幸子のブログです

パートナーに魅力を感じられなくなる理由

f:id:officemanmaru:20180206103700j:plain

こんばんは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

※今日の投稿は、

はてなブログさんからお知らせいただいた

1年前の投稿を振り返っての内容です。

 

写真もちょうど1年前のもの。

 

なので、

 

ヘアドネーションをしたばかりで、

私の髪が短い〜

 

夫のポニーテールに負けてます😆

  

 

 

 



毎月恒例の夫婦の本音会議。
2月も早々におこないました。



月に1回でもこういう場があると、
「上手くいっていると思ってたのに
 実は全然スレ違っていた」
ということがもし仮にあったとしても、
逆にそこをキッカケに2人の絆を深める方向に
シフトすることができるのでオススメです。



セッションに訪れる方々のお話をうかがうと、
『好きな相手だったら
 何でも上手くいくに決まっている』と、
思っている方が非常に多いです。



特に女性は、
『自分の”好き”よりも相手からの”好き”が多ければ安心』
(最終的には言うことを聞いてくれるだろう)
と思っている方も少なくありません。



だから、
より『自分が優位に立てる相手』
を探そうとします。



ですが、
結婚してから5年、10年が経過して、
パートナーがこっそり浮気をしていたり、
突然「離婚したい」と告げられたり、
もう自分1人の手には負えなくなるほど
完全にすれ違ってから相談に訪れる女性達は、
全員が、
『結婚当初は自分の方が愛されていて、
 夫が何でも言うことを聞いてくれた』
という方々です。



本人も気付かない間にそれが当たり前になり、
感謝も感じられなくなった時にハタと気付くこと、
それは、



『受け取る一方だけでは、
 人はしあわせを感じられない』



という事実です。



先に望むものを与えてもらった女性の方が、
パートナーである男性に魅力を感じられなくなったり、
場合によっては性生活も拒絶したくなったり、
他に好きな人を作って離れたい衝動に駆られる時、
実際のところは、


「相手が与えてくれた分に
 見合うだけのものを自分は返せない、
 という罪悪感によって離れたがっている」


という状態なのです。



「彼の愛を素直に受け取ることができない」
「自分にもっと”しあわせになっていい”
         という許可を出したい」
と感じている方々は、
『出し惜しんでいるのは自分の方』
だということにまず気付きましょう。



では、
『なぜ無意識の内に出し惜しんでしまうのか?』
『なぜ目の前の相手に与えたくないのか?』
『なぜ与えると損したり負けたような気がするのか?』
『なぜいつまでも欲しいだけなのか?』



その背後にある真相について、
以下のリンク先に
できる限り簡潔かつ率直に書きました。

 

 

是非ご覧になってください😊

 

 ↓    ↓    ↓

 


【はじめてのファミリー・コンステレーション
           1dayワークショップ】

〜妻となり母となる女性のための家族システム勉強会

 

☆ 2/17(日)10時〜18時
https://www.reservestock.jp/events/320303

 

☆ 2/18(月)10時〜18時
https://www.reservestock.jp/events/320618

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

 

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

グループトレーニング参加者の声④(30代女性Wさん)

f:id:officemanmaru:20190115161144j:plain

こんばんは。

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

ファミリー・コンステレーション1dayワークショップ
〜妻となり母となる女性のための家族システム療法〜 

☆2019年2月17日(日)10時〜18時
働きかけなしでの参加のみ受付中
https://www.reservestock.jp/events/320303

☆2019年2月18日(月)10時〜18時
働きかけ枠 残席2名様
https://www.reservestock.jp/events/320618

 
 

たった1人の運命のパートナーとの

しあわせな結婚生活を実現する方のための

まんまる婚実践グループトレーニング

0期メンバーの皆様からいただいた声のご紹介です。

 

 

   ↓     ↓     ↓

 

 

=========================

 

 

〜結婚したいのに不倫ばかりを繰り返す癖を

             卒業できました

         (30代 女性 Wさん)〜

 

 

 

2018年2月に開催された

ファミリーコンステレーション1dayワークショップで

働きかけを受けたことがキッカケで、

やっと本当の意味で不倫から離れることができました。

 

 

 

それまでは、

「不倫をしてはいけない、

   だからやめないと」と

無理矢理思い込んでいたのですが、

コンステレーションを通して、

『自分が本当は何をしていたのか』

『不倫が自分にとってどういう役割をしていたのか』

『私にとって最適な場所はどこなのか』

という当時の私には考えも及ばなかった事実を

目の当たりにした時に初めて

「今の私には不倫をする必要がない」

と自覚することができました。

 

 

 

そのことはとても衝撃的な学びになりました。

 

 

 

そして同時に、

他の参加者の皆さんのコンステレーションにも

関わることができたことで

気付けた学びもたくさんありました。

 

 

 

初めはファミリーコンステレーションによって、

自分が気付いていない内面が露呈されることに

抵抗を感じていたのですが、

それまでもずっと継続個人セッションで

幸子さんがサポートしてくださっていたので

信頼できる幸子さんの元で学びを深めていきたい、

変化を受け取っていきたいと思い

参加を決めました。

 

 

 

全8回のグループトレーニングで扱った内容のうち、

私にとって特に重要だったものは、

第3回目のファミリーコンステレーション

働きかけを受けた体験です。

 

 

 

実は『不倫の悩み』を開示することよりも

『身体の悩み』を皆の前で開示することの方が

抵抗が大きかったです。

 

 

 

悩みの対象である身体の部分が

注目されてしまうのが嫌!

という自意識過剰ぶりも出て、

別な悩みでごまかそうかな・・・と

直前まで考えていました。

 

 

 

でもずっと抱えてきたこの悩みと

向き合える機会は後にも先にも今しかない、

そして幸子さんが問いかけてくださった

”私のために今この時間と場所と

協力してくれる仲間がいてくれるとしたら?”

「真摯に向き合いたい」と素直に思えました。

 

 

 

「この悩みは一生誰にも話さないで、

 悩んでいると気付かれないフリをして、

 なんとかして1人で解決しよう」

と考えていた私にとっての大きな変化でした。

 

 

 

それから、

第4回目の歴史講座②で

レクチャーしていただいた

『結婚の歴史』。

 

 

 

結婚の歴史を学ぶ機会が今まで無かったので、

とても興味深く面白かったです。

 

 

 

昔の女性たちにとっての『結婚』の意味と、

現代の私たちが認識している『結婚』の違いに驚きました。

 

 

 

「現代の人が本当に欲しがっているものは?」

の解答は私もまさしくそうでした。

 

 

 

なぜ自ら親にもらった大切な自分を

粗末に扱うような対象にばかり

依存してきたかが腑に落ちました。

 

 

 

最近、知り合いの方との飲み会があって、

結婚しているけどセフレがいるとか、

奥さんのことは好きだけど浮気している

という人たちがいました。

 

 

 

前の私だったら

「そういうのもありかな、

 モテてるってことかな」

と思ったはずなのですが、

今はものすごく違和感があります。

 

 

 

「私は絶対にまんまる婚がいい、

 身の丈の自分で1人の相手との

 関係性を深め続けていきたい」

と改めて感じました。

 

 

 

そんな風に自分が変わっていくほどに、

過去に家族内に起きた辛い出来事が

実は違う側面を持っていたことにも

気付かされる機会がありました。

 

 

 

鮮明に覚えているのは、

私が高校生の頃、

父が職場での事件に巻き込まれて

地元の新聞記者が夜中に家に押しかけて来た時に、

インターホンがないので母がドアの前で気丈に父をかばい

丁寧にお断りして帰ってもらっていた事。

 

 

 

当時の事をやっと母に聞けるようになり、

「あの時お母さんはどんな気持ちだったの?

 お父さんを0.01ミリでも疑ったりした?」

と聞いてみました。

 

 


母は、

「『疑う』の『う』の字も出てくる事がなかったよ。

 ずっと一緒にいてどういう人か知っていたし...

 それよりも、

 ”今この人を支えるために、

 私はこの人と結婚したんだな、

 夫婦になったんだな” って、

 結婚して20年以上経つけど、

 その時初めてわかったの。

 それまではずっと

 自分がこの人の奥さんでいいのか自信がなかったんだよ。」

と教えてくれました。

 

 

 

世間で言われる理想の夫婦のイメージって、

・ラブラブなツーショットだったり

・毎日愛の言葉、思いやる言葉をかけあったり

・記念日を必ずお祝いしたり

等ありますが、

私の両親は昔からこういう事はしてませんでした。

 

 

 

今でもしません。

 

 

 

してほしいなぁと子供心に思うことはありましたが、

この時聞いた母の言葉は、

理想という言葉すらを吹き飛ばしてしまうほどの、

悩み迷いながらも培ってきた夫婦の絆、

妻として母親としての強さや温かさ、

優しさを感じさせてくれるものでした。

 

 

 

そして同時に

事件後も変わらず同じ職場で定年まで

働き続けた父の強さもようやく私の中に入ってきて、

父と母の大きさを今更ながらまた感じています。

 

 

 

グループに入る前の私はずっと、

『引き寄せ』やスピリチュアル系、

恋愛のノウハウ本、婚活本、

ブログ等を読み漁ってきました。

 

 

 

が、

このグループトレーニングに入ったことで、

普段の家族とのやり取りや職場でのやり取り、

グループの仲間たちや幸子さんとのやり取りから

受け取れるものの方が圧倒的に力強く感じました。

 

 

 

今まで慰めのように感じていた

『引き寄せ』、

『理想』、

『夢』、

『目標』、

『セルフイメージ』、

『ありのままでいい』

というフレーズがどんどん消えていきました。

 

 

 

その代わり、

今まで全く見向きもしなかった

『歴史』

『日本』

について学んだり、

『瞑想』を習慣にしていきながら

コンステレーションを重ねていくことで

初めて地に足がついている感じがしました。

 

 

 

この学びは、

私のように現実逃避した状態でしか

生きられなかった人間にとって

生きていく支えになると実感しました。

 

 

 

実際にトレーニングが終わった今も

大きな支えになってくれていますし、

同期である0期の皆さんと

一緒に学ぶことができて

本当に良かったです。

 

 

 

これから学ばれる方達も

その時に縁あって一緒になった仲間たちと

「同期で本当に良かった」と思うんだろうな・・・

と感じています。

  

 

 

・「結婚したい」と言いながら、

結婚につながるお付き合いをする覚悟がない人

 

・恋愛系、自己啓発、スピリチュアル系の

 セミナーや講座にたくさん出たし、

 興味があるけど疲れてきた人

 

・理想の自分になれなくて悩んでいる人

 

・不倫や浮気、セフレの方が慣れていて楽だと感じる人

 

・家族がバラバラだと子供の頃から感じている人

 

・親がかわいそう、心配だと感じる人

 

・相手への愛よりも情でお付き合いをしてしまう人

(放っておけない、私がいなきゃ等)

 

・いつの間にか自分の方が相手に依存してしまったり

 本命になれない立場になってしまう人

 

・何かあると自分を責める方向へいってしまう人

 

・自意識過剰、被害者意識が強い人

(わかっているけどその思考になってしまう)

 

 

 

そんな悩みを感じている方々に

まんまる婚実践グループトレーニングをオススメします。

 

 

 

〜グループトレーニングで扱う内容の一部を
 1日限りで体験できるチャンスは今回が最後です〜

ファミリー・コンステレーション1dayワークショップ
〜妻となり母となる女性のための家族システム療法〜 

☆2019年2月17日(日)10時〜18時
働きかけなしでの参加のみ受付中
https://www.reservestock.jp/events/320303

☆2019年2月18日(月)10時〜18時
働きかけ枠 残席2名様
https://www.reservestock.jp/events/320618

 
 

New! 

【繋がりを学ぶ・感じる電話個人セッション】

小さな赤ちゃんを育てている真っ最中だからこそ

自分の話や言葉を通して気付くための時間が欲しい、けど・・・

長時間の外出ができないお母さん達のための新メニューできました😊

もちろんお母さん達だけでなく、

遠方にお住まいで対面セッションやグループワークショップの場に来ることが難しい方や

久しぶりにセッションを受けたい方等も是非ご活用ください。

詳細・ご予約はこちらからどうぞ ↓

 

 

~最新コラムをメルマガで随時配信しています~
☆無料メルマガまんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

  

太陽と北風〜まんまる通信vol.301より〜

f:id:officemanmaru:20190205084750p:plain

 

こんにちは、

パートナーシップ専門コーチ

小川幸子です。

 

 

 

☆まんまる婚実践グループトレーニング参加者の声③を
 公開しています。

 是非ご覧になってください😊

→『彼に素直な本音を伝えることができたのは
  トレーニングの集大成です(30代女性Hさん)』
http://officemanmaru.hatenablog.com/entry/2019/01/31/215338

 

 

 

 

 さて、今日は前回のブログの続きです。

 

 

 

今回ご紹介したHさんのように、

『パートナーに自分の本音を伝えることができない』

そんな悩みを感じている方は大変多く、

他のグループメンバーの皆さんも同じでした。

 

 

 

また、

私が今の仕事を始めてから12年間の間で、

ご相談をうかがってきた全員にも

共通しているお悩みでもあります。

 

 

 

『本音を伝えて今あるものを失うのなら

 このままでもいい』

 

『もう失敗したり傷付きたくない』

 

 

 

そんな声もよくうかがいます。

 

 

 

でも、

もしもより深い本心では、

”《伝えないことでの後悔》を一生するくらいなら、

《結果がどうでも伝え切った体験からの自信》を得たい”

 

 

 

そんな風に感じている皆さんに向けて、

今日のコラムを書いていきます。

 

 

 

 

 

〜太陽と北風〜

 

 

今回Hさんが彼に対して、

《怖くても自分の素直な本音を伝えた》という経緯は、

お父さんを亡くし自分の人生を見つめ直した彼から、

『今までの価値観も描いていた未来も

 全部変わっちゃったから、

 付き合い続けるのも難しいんじゃないかな?』

と一方的に告げられたことに端を発していました。

 

 

 

Hさんは彼のことが好きだからこそ、

お父さんを亡くしたばかりの彼を思い、

会えなくても連絡が取れなくても

彼を見守る気持ちで待ち続けていました。

 

 

 

そしてやっと連絡が取れるようになり、

最初は良い感じだった中で、

まるで『お試し』のように訪れた予期せぬ展開。

 

 

 

Hさんは彼に裏切られたような気持ちを感じ、

「分かった、もう別れよう!」

と怒りに任せて返す寸前でした。

 

 

 

でも、

その反射的な対応こそが

今までのHさんが繰り返してきたパターンでした。

 

 

 

この時のHさんに対して

私がオススメしたことこそ、

文中にも出てきた『瞑想』です。

 

 

 

これは感情的になっている当事者同士には

なかなか気付き辛い所ですが、

その当時の彼の状況を考えたら、

自分が無意識に発している言葉が本音か本音じゃないか、

冷静に判断できる余裕が無いことは明らかです。

 

 

 

つまり、

彼自身、咄嗟に出てきた言葉が、

本当に伝えたいことなのかどうかを分かっていません。

 

 

 

おそらく会話の中で何かが引き金になって、

彼もHさんも過去の未完了の感情に引き戻されていて、

自分の本当の気持ちはもちろんのこと、

今目の前の相手の姿も見えなくなっている状態です。

 

 

 

この状態での2人のやり取りは言うならば、

テニスの試合のボレーだけの応酬のように

来た球を瞬時に打ち返し合っているようなもの。

 

 

 

相手の態度や言葉に対して

表面的な浅い所だけで反射的に返しているだけなので、

お互いに本来の目的を見失い枝葉をつつき合って、

言う必要もないことを言い合うばかりになり、

深い本音のやり取りができません。

 

 

 

『瞑想』はこの打ち合い中にフッと

相手が消えていなくなるようなもの。

 

 

 

打ち返そうとしていた相手が消えた途端、

私たちに残されるのは

『自分の中にあるものだけ』です。

 

 

 

ひょっとすると、

「なんで私の気持ちを分かってくれないの?!」は、

彼がいようがいまいが、

最初からHさんの内側を占拠していたかもしれません。

 

 

 

だとしたら、

それは彼がどう頑張っても

手に負えないことです。

 

  

 

グループトレーニングに入る前までは、

誰とお付き合いしても

最初の内は上手くいくけれど、

”理想通りじゃない状況”に陥ると

続かなくなってしまう・・・

というパターンが多かったHさんでしたが、

 

 

 

今回はそのパターンを卒業して、

反射的に彼に言いたいことを言うのではなく、

しっかり自分の内側を感じた上で、

本当に伝えたい素直な本音を

直接会って伝えることができました。

 

 

 

ちなみに当時の彼はと言うと、

職場の上司にも同僚にも誰にも

お父さんが亡くなったことを言えないまま、

1人だけで全てを抱え込んで、

何も無かったかのように仕事をこなすことで

精一杯自分を保っていたという状況でした。

 

 

 

まるで岩のように頑なに

心を閉ざし切った彼を前に、

怖くても勇気を出して、

思わず溢れる涙を止められないまま

一番伝えたい思いを伝え切ったHさん。

 

 

 

その深い愛は岩をも動かしたか、

Hさん曰く、

 

「あんなにも動揺している人を
 後にも先にも初めて見ました」

 

というくらい

彼が動揺したのだそうです。

 

 

 

”やれることはやり切ったから、

 もうこれで思い残すことはない”

 

 

 

Hさんはそこから、

彼との結婚ばかりに気を取られて

つい投げ出しそうになっていた

今目の前の大切なお仕事に

真摯に情熱を注ぎ続けていきました。

 

 


彼から連絡が来る保証はない、

でも、

「私は私の人生で

 本当にしたいことに時間を使うのみ」

という意識に立ち返ったら、

寂しさを紛らわす相手を探しに飲み会に行こう、とか

そういう気持ちにはならなかったそうです。

 

 

 

そんなHさんから

つい先日いただいた

最新のご報告がこちらです。

 

 

      ↓   ↓   ↓

 

 

=========================

 

数日前に彼から連絡が来ました^^
 
 
 
信じてましたが、本当に来て、
しかも、思ったより早くて奇跡みたいです。
 
 
 
今は最初のときみたいに
お互いに連絡し合っています。
 
 
 
彼から、
「楽しそうだね、最近どう?」
と連絡が来たんですが、
私の投稿が彼のタイムラインに
流れてきたって言ってました。
 
 
 
自分ができることをやってたから、
色々繋がって、
彼に届いていったのかなと思いました。
 
 
 
数ヶ月間辛い時期があったから、
彼から連絡が来て、
連絡出来ることだけで本当に幸せに感じます。
 
 
 
あるものに感謝できるって
こういう事なんだなと思えました。
 
 
 
私はあれから自分の足で立とうという気持ちと、
投げ出してた大切な仕事に取り組んでいました。
 
 
 
その間、
彼は彼でついに独身寮を出て、
一人暮らしする決意をし、
家を探していたそうです。
 
 
 
会っていないとき、
お互い自分にとっての自力で
頑張っていたんだなと思いました。
 
 
 
次どうなるかは流れに任せて、
今はたわいもない会話が出来てることに、
有り難さを感じて生活しています。

 

========================= 

 

 

今回のHさんとの個人セッションでもお伝えしたことですが、
「彼に本音を言えない」
という悩みを感じている女性達の共通点は、
本人自身も無意識の内に
行動の動機が《恐れ》になっていることです。

 

 

その状態で自分では本音だと思い込んでいることを
いくら彼に伝えたとしても、
相手にとっては北風に追いまくられるのと同じなので、
ますますガードを強化させて頑なにする一方なんです。

 

 

こんなやり取りをしたいわけじゃないのに・・・
なぜ私はいつもこうなってしまうんだろう??

 

 

過去のHさんのように
そんな疑問を感じている女性達に向けて、
まんまる婚実践グループトレーニングでは、
彼にとっての北風から太陽に
シフトしていくヒミツをお伝えしています。

 

 

グループの場では具体的に何をしていくのか?
関心のある皆様は是非、
1dayワークショップからどうぞ😊

 

 

 
《妻となり母となる女性のための家族システム療法》

1人のパートナーと長く一緒に居続けるほどに愛と絆が深まる結婚生活を送りたい方
・家族間、夫婦間の調和の法則を学びたい方
 2/17初めてのファミリー・コンステレーション
1dayワークショップ

 
 2/18初めてのファミリー・コンステレーション
1dayワークショップ


 

 

New! 

【繋がりを学ぶ・感じる電話個人セッション】

f:id:officemanmaru:20190125144612j:plain


小さな赤ちゃんを育てている真っ最中だからこそ

自分の話や言葉を通して気付くための時間が欲しい、けど・・・

長時間の外出ができないお母さん達のための新メニューできました😊

もちろんお母さん達だけでなく、

遠方にお住まいで対面セッションやグループワークショップの場に来ることが難しい方や

久しぶりにセッションを受けたい方等も是非ご活用ください。

詳細・ご予約はこちらからどうぞ。

https://resast.jp/page/reserve_form/360/YTBhMTMyOTRmMjgyNjZmNzE2Z/YmEyMjQ5MWIzNDNhYTU0MWFmN

 

 

~最新コラムをメルマガで随時配信しています~
☆無料メルマガまんまる通信
http://www.reservestock.jp/subscribe/287