日本人のためのパートナーシップ教室

パートナーシップ専門コーチ小川幸子のブログです

30代からの意識改革

f:id:officemanmaru:20180123124147j:plain

 

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

 

 

 

主に女性達からの
パートナーシップのご相談を受けてきて
今年で11年目に入りました。

 

 

 

その経験の中で強く感じるのは、
今現在パートナーがいる・いないに関わらず、
多くの女性達が漠然と
『1人ぼっち』や『孤独』をネガティブなものと
捉えすぎているという傾向です。

 

 

 

ご縁をいただいたクライアントの中に
そういう前提条件がある場合、
セッション期間中は積極的に、
『1人で居ることの価値』を知り、
パートナーよりも何よりも
自分で自分を大切にすることが
優先事項になっていきます。

 

 

 

なぜなら、
その人の恋愛や結婚が今現在、
暗礁に乗り上げているのは、
自分よりも他者の評価や承認を
無意識に優先し続けてきた結果、

・自分で自分のことが分からない

・自分にとって何がしあわせなのかわからない

という所に、
少なからず起因しているからです。

 

 

 

特に女性は共感力が高く、
そばにいる人の感情を無意識に拾い、
それが本当は自分のものではないのに
まるで自分のもののように感じながら
生きていることが多々あります。

 

 

 

本人自身も気付かない内に、
他人と自分の区別がつかないまま、
良かれと思ってやっていたことが全て
『誰かから評価されたいためだった』場合、
どんなに周りから人気があったり賞賛されていても
実際の本人が感じている虚無感や
無意識に溜め込んだストレスは
想像を絶するものになっているでしょう。

 

 

 

そのストレス発散の矛先が向かうのは、
『もっとも身近で甘えられてぶつけやすい相手
 =
 パートナー』
である場合が多いですが、
この場合、
本来自分で引き受ける分の責任を
見ないフリしたまま怒り続けても
疲労と苦痛が続くだけで何も起きません。

 

 

 

無意識にパートナーのせいだけにして、
抵抗し続けてきた事実も含めて、
等身大の自分自身と本気で向き合うには、
自分1人のことに集中できる時間と環境が
想像以上の大きなサポートになります。

 

 

 

かつて、
当時29歳のクライアント女性で、
セッション期間中1年半以上もの間、
出会いどころか異性との浮いた話の1つも無く、
それでもなお、
本人自らが継続を申し出て、
最終的には計18回のセッションを続けながら、
自分自身と向き合い続けた方がいました。

 

 

 

彼女ももちろん誰もが通る過程である
次々と結婚をする周りの人達との比較に
焦りを感じる時期を経験しながらも、
その都度、セッションでの学びを実践しながら、
30歳を過ぎた頃には1人の生活にも
自然と充実を感じるようになっていました。
その後、仕事で多忙をきわめていた頂点で、
素敵なパートナーと出会い、
お付き合いを経て結婚に至りました

 

 

 

そして、34歳になった現在は、
ますます彼や周りの人達に感謝を感じる日々の中で、
「今の私すごく恵まれているな〜」と感じていた矢先に
妊娠が分かりこの8月に出産予定とのことです

 

 

 

もちろんこれは、
1つの事例に過ぎませんが、

『パートナーや周りばかりを見ていて
 自分のことを後回しにし続けていた』

という部分は多くの方々に共通します。

 

 

 

誰もが最初の頃は、
『形ある結果』だけを期待しながら
セッションをスタートして、
少しずつ、
その期待すらも自分で気付きながら、
『本当に自分を大切にする』
とは一体どういうことなのか?
他人の言葉ではない自分だけの答えを
見つけていきます。

 

 

 

『1人ぼっち』や『孤独』が
悲しくて惨めでみっともないことで、
そんな自分には価値が無いという思いは、
本当に自分自身のものなのでしょうか?

 

 

 

『1人でいることの価値』を
いまだ感じたこともないままで
盲目的にそれを信じて採用しているとしたら、
それは既に、

・自分で自分のことが分からない

・自分にとって何がしあわせなのかわからない

という状態なのです。

 

 

 

もしかすると、
今目の前で『思い通りになってくれない相手』は、
誰よりもあなたの本当のしあわせを
願っている人なのかもしれません。

 

 

 

だからと言って、
反応の無い彼をずっと思い続けるのが正解、
ということではなく、
そういった自分の人生にとって重要なことこそ、
他者の影響や思い込みから一旦離れて、
『1人で静かに自分の声を聴く』
ということを続けていく中で、

・自分で自分のことがわかるようになり

・自分にとってのしあわせが何なのかわかるようになり

誰かに相談するところも、
素直に助けてもらうところも、
1人で判断するところも、
自分の責任において決めながら、
動いていけるようになります。

 

 

 

継続的なセッションも
セミナーやワークショップも全て、
その一生ものの力を育むためのものであり、
決して期間内にパートナーに出会うことや
相手から思い通りのアクションがあることだけに
価値があるのではありません。

 

 

 

彼が居る時は彼の反応ばかりを気にして、
うまくいかなくなったら、
他人に言われたことを言われた通りにやって、
もし言われたことに抵抗がある時には、
他のうまくいきそうなアドバイスを探して・・・と、
本質的にやっていることが変わらないのは、
外のもの(や評価)ばかりを有難がっているからだということ、
そしてそこをグルグルし続けるのは、
本当はもう既に自分の内側を信頼して動けるはずなのに、
いつまでもそれをしないからだということに
そろそろ気付いていきましょう。

 

 

 

 

〜なぜパートナーや家族から
 自分の望むものを受け取れないのか?〜

*次回開催は2/24(土)

ファミリー・コンステレーション1dayワークショップ

詳細・申込受付は明日からスタートです。

https://www.reservestock.jp/events/224399

 

 

 

 

〜なんと2巡目に入っている方もいるそうです〜

*100日間の無料ステップメール【毎日がまんまる婚】

https://www.reservestock.jp/subscribe/73464

 

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

(初めての方はオリエンテーションをお選びください)