日本人のためのパートナーシップ教室

パートナーシップ専門コーチ小川幸子のブログです

愛も応援もいろんな形がある

f:id:officemanmaru:20180214153305j:plain

こんにちは。
パートナーシップ専門コーチ、
小川幸子です。




 

日々のクライアントさん達との
やり取りを通して、


「どんどん進化して
 たくましくなっているな〜」


と、
感動することがとても多いです。

 


それは決して、
彼女たちの人生がバラ色で、
良いことばかりが起こっているとか
そういうことに対してではありません。

 


むしろ、
一見逆境にも見えるような
困難な状況が訪れたとしても、
反射的に逃げたり抵抗するのではなく、
自分の中心深くとつながって、
本当にしたいことを堂々とできる姿、
そういう姿に触れた時です。

 


パートナーシップを扱うセッションにおいて
多いご相談内容の中に、

「彼とのお付き合いを
 親に反対されて悩んでいる」

というものがあります。

 


これはよくよく聴いていくと、
親以前に本人自身が、
「本当にこの人でいいのだろうか?」
という迷いを持っていることがほとんどです。

 


この場合、
本人が迷い続けたままで、
親やパートナーを説得しようとしても
進展はありません。

 


それに対して本人は、
「親が応援してくれさえすれば
 もっと安心して決められるのに」
と、
まるで自分を被害者のように感じ、
親を加害者のように責めますが、
実は親はもうちゃんと
応援をしてくれていることに
本人が気付けていないだけなのです。
 

常に自分を肯定してくれて、
賛成や賞賛をしてくれるという形だけを
『愛』や『応援』だと思っている間は、
反対や妨害という形の『愛』や『応援』も
受け取るからこそ、

「誰に何と言われても揺らぐことのない
 自分自身の内なる覚悟が決まる体験の価値」

に気付くことができません。

 


また、
そんな風に外側からのみ得られる
手応えや肯定感に頼っている限り、
相手がどんな態度を取ろうが、
自分がどんな態度を取ろうが、
それでもそこにつながり続けている
見えない愛の絆を感じる力が
麻痺していきます。

 


自分に対して無意識に『優秀な娘や息子』で
いることを強いている人ほど、
目の前のパートナーに対しても無自覚で、
『優秀な私にふさわしいパートナー』でいることを
強要しようとしますが、
その理屈は本人の中でしか通らず
成功することはありません。

 

 
親にとっての『優秀な娘や息子』でいることと、
パートナーにとっての『対等な伴侶』でいることは、
全くもって別のことです。

 


この区別が付かないまま、
パートナーシップが迷宮入りしてしまう例が
多数見受けられますが、
たとえ今現在が
どんな状況になっていても、
本人自身の覚悟次第で、
目の前の大切な人との関係性に
愛を通わせることは充分可能です。



次回はその一例として
「彼とのお付き合いや結婚をお母さんに反対されて
 自分も本当はどうしたいのか分からなくなった」
という悩みを抱え、
前回のファミリー・コンステレーション
1dayワークショップ参加された
30代女性クライアントHさんの事例をご紹介していきます。

 

 

 

☆申込受付中
【ファミリー・コンステレーション
        1dayワークショップ】

〜なぜパートナーや家族から
 自分の望むものを受け取れないのか?〜

https://www.reservestock.jp/events/236926

 

 

 

〜登録後、毎日私からのメッセージが届きます〜

*100日間の無料ステップメール【毎日がまんまる婚】

https://www.reservestock.jp/subscribe/73464

 

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

www.reservestock.jp