日本人のためのパートナーシップ教室

パートナーシップ専門コーチ小川幸子のブログです

「親が結婚の邪魔ばかりする」のはなぜか?

f:id:officemanmaru:20180218065758j:plain

おはようございます。
パートナーシップ専門コーチ
小川幸子です。

 

 

前回の続きです。





「親が結婚(もしくは人生)の邪魔ばかりする」
という現実に直面した時、
多くの方々にとって湧き上がる思いは
以下のようなものが多いのではないでしょうか?



「もういい加減に自由にして欲しい!」

「私のことに構わないでほしい!」

「私とお母さん(またはお父さん)の
 人生は別のものとわかってほしい!」

「私の本当に大切にしたいことを大切にしてほしい!」

「私の考え方、やり方、生き方を尊重してほしい!」



そして、
今目の前のそうではない親に対して、
ついイライラして感情的になったり、
会話をするのもめんどくさくなったり
怒りや悲しみを感じる場合が
多いのではないかと思います。



ですがここで起きている真相を読み解く重要な鍵は、
『親を親として尊重していないのは子供の方』
だという事実を本人自身が認められるか否かです。



「私の好きな考え方ややり方ではないあなたは間違っている!
 私はあなたを認めない!」



と思っている部分では鏡写しなのです。



そしてそれは大抵、
今目の前の結婚の話よりも
もっとずっと深い無意識の部分で
おこなわれているやり取りです。



特に、
女性にとってのしあわせな結婚に大きな影響を与えるのは

『お母さんとの関係性』です。



自分のお母さんを否定していたり、
”あんな風にはなりたくない”と
蔑んだり拒絶している女性で、
心底からしあわせな結婚生活を
している女性は
いません。



でもどんなに分かっていても、
目の前のお母さんや過去の記憶を思い出すと、
どうしても怒りや否定や拒絶が出てきてしまう・・・
無意識に可哀想だと思ったり見下してしまう・・・
そんなクライアントさん達はとても多いです。



これからご紹介する
30代女性クライアントHさんも
子供の頃からお母さんの愚痴を聞かされたり、
お母さんが理想とする人生や結婚を
押し付けられてきたと感じる体験を通して、
お母さんに反発を感じながら、
誰とお付き合いしても、
しあわせな結婚生活に繋がるような
対等な大人の男女としての
パートナーシップを育むことに
困難さを感じ続けてきました。



そんなHさんが前回の
ファミリー・コンステレーション1dayワークショップ

参加した際のご相談は以下のようなものでした。



  ↓   ↓   ↓



========================


お母さんが彼とのお付き合いを認めてくれません。


理由は、
彼が中小企業のサラリーマンで、
私にマンションすら購入できない、
贅沢な生活をさせてあげられない、
好きは3年、
思い通りの暮らしができるお金が無いと
周りが羨ましく見えるよって言われて、
帰る度にそう言われて悲しくなりましたが、
私も唯一彼に対する不安がそこでした。


お母さんと同じでした。


逆に、
お母さんに今すぐ彼と結婚しなさいって言われたら、
経済的な理由でもうちょっと待ってと言うと思います。


その一方で、
彼の肩書きや収入で
自分の価値をはかるのも違うような気がする・・・
という気持ちがあります。


本当は彼と一緒に
精神的にも物質的にも豊かになって、
お互いにその過程で成長し合いながら、
「私は彼と理想の生活を実現できる」と
実感したいし実現したいです。
お母さんや家族からも
お付き合いや結婚を見守ってほしいです。


=========================



皆さん、
少し不思議な気がしませんか?



Hさんはお母さんに、
「お金の無い彼を認めない」と言われ
悲しくなったにも関わらず、
実際に彼に対して感じている気持ちは
お母さんと全く一緒なんです。



「私を尊重して!」
「もうかまわないで!」
「私とお母さんの人生は違う!」



と言いつつ、
一方ではなぜこんなにも
お母さんの生き写しのように
なってしまうのでしょうか?



この背景を紐解く鍵が、
前回のワークショップの中で
代理人同士のやり取りを通して

立ち現れていきました。



ワークショップの体験を消化するのにかかる時間は
人によってそれぞれですが、
その後2ヶ月弱が経過した頃、

今までのHさんにはどうやっても感じ取れなかったことを
深く感じられるようになり、
彼との現実も変わってきたという
喜びのメールをいただきましたのでご紹介いたします。



   ↓   ↓   ↓

=========================


実はあの後、
彼と別れることなることになるかもしれない
という状況になって(元通りになりましたが)、
彼の家でこうやって好きな仕事ができること、
場所があること、
私がこんなに色々やれるのは、
彼の持ち物とかお金とかではなく、
彼の存在そのもののおかげだったと気付きました。
それを全く忘れていました。


それに気付いたとき、
親も同じことかと腑に落ちました。
親が産んでくれなかったら、
こうやって彼とも出会えなかった。
今までは、
両親のせいで反対されて
邪魔されていると思ったけれど、
両親のおかげで私は彼と出会えたんだと
認識が変わりました。


今はまだお母さんが
変化したわけでありませんが、
私にとって大きな進歩です。


大きな気付きをした翌日、
彼と話をしていたら、
彼が給料が上がったと話してました。


また不安になったり、
お母さんのことで相談することがあると思います。
でも毎回、
ちゃんと気付いてプラスになってるから
結果マルと思います。
いっつも大きな気付きで
良い方向に導いてくださり、
有難うこざいます!


=========================


☆残席1名
【ファミリー・コンステレーション
        1dayワークショップ】

〜なぜパートナーや家族から
 自分の望むものを受け取れないのか?〜

https://www.reservestock.jp/events/236926

 

 

 

*個別のご相談はこちらから

(初めての方は初回オリエンテーションをお選びください)

 

 

〜登録後、毎日私からのメッセージが届きます〜

*100日間の無料ステップメール【毎日がまんまる婚】

https://www.reservestock.jp/subscribe/73464

 

 

 

〜最新コラムはこちらから〜

*無料メルマガ【まんまる通信】

https://www.reservestock.jp/subscribe/287